ねずみやイタチ駆除は専門業者にお任せ|住宅への被害を防ぐ

  1. ホーム
  2. 特に駆除が必要ないハチ

特に駆除が必要ないハチ

蜂

強制撤去は不要な時も

ハチには様々な種類がありますが、その中でもアシナガバチの被害に悩んでいる家庭も多いです。基本的にアシナガバチは巣の近くに接近しても襲ってこないくらいおとなしいハチなため、巣を放置しても特に害はないはずです。ただし巣を触ったり刺激する行動をとれば、他のハチ同様人を襲う可能性もあります。もし家族や近隣住民が避けられない場所にアシナガバチの巣が作られていた場合は、速やかな駆除が必要になるでしょう。

駆除時期を見極めよう

ハチの駆除は、個人でやる以外にも行政や専門業者に依頼して行うことが可能です。ただし地域によっては、アシナガバチの巣を駆除対象から外している行政も存在します。もし行政に撤去を頼む場合は、アシナガバチの巣を駆除をしてもらえるかどうか確認する必要があるでしょう。さらに巣が小さいうちに、早めの撤去を考えなくてはいけません。またアシナガバチは巣を5月から作り出し、働きバチもそこから増えだします。住処が最大限に大きくなる時期は、真夏から初秋にかけて時期ですから駆除するならそこに至るまでに片付けなくてはいけないでしょう。逆に9月から10月にかけては住処を放棄する時期なため、駆除しても意味がありません。一度放棄した場所に次の年も住み着くことはないですから、特に気にならなければ放置してもかまわないでしょう。アシナガバチが放棄した後であれば、特に襲われる心配もないため素人でも楽に片づけられます。個人が駆除するならば、ここらあたりがもっとも安全にできますからお勧めです。しかし、早めに巣を駆除したいという場合は、専門業者に依頼して駆除してもらうのがおすすめです。専門業者では、依頼があれば迅速な対応で作業を行なってくれるため、早い段階で安心した生活を取り戻すことができます。現在では、専門のフリーダイヤルやメールなどで依頼をすることができるため、まずは相談してみるとよいでしょう。